メディア・クレンズ、試してみませんか?

こんにちは^^ 木村です。

 

今日は軍港に面したカフェから書いています。

軍港巡りの遊覧船が出航していく様子を眺めながら、

ふと幼いころ、松島の遊覧船が大好きで、帰りも陸路ではなく船で帰りたがったことを思いだしました。

子ども時代はよく眠りにつく前に、

お気に入りのタオルやぬいぐるみと一緒に大航海に出て、あげくに難波して無人島にたどり着く、

なんて妄想を繰り返していましたし、

学生時代、そして家庭を持ってからも、旅の移動手段にはよく大型船を利用しました。

(離島を旅するのが好きだったこともあります)

何でしょう?前世は船乗りだったのでしょうか(笑)

今でも海のある景色にはやすらぎを感じますし、わたしにとって必要なものでもあります。

 

 

さて今日の話題…

もう半年以上、いわゆるニュースに接していません。

ほとんどTVを観ないわたしにとって、

購読していた新聞が世の中で起こっている出来事を知る唯一のメディアだったのですが、

他に読むべきものが増えてきて、読まない新聞が溜まるようになってしまったのと、

今はニュースもネットで知ることができる時代なんだし…と思い、

購読をすっぱりやめてしまったのです。

 

で、結局、

新聞の購読をやめた瞬間からネットでニュースを検索することもなく、今日まで来ています。

たまに電車で週刊誌のつり革広告なんかを見て、

世の中ではこんなことが起こっているのね〜、と知るくらいです^^;

 

毎日が平和です。

開放感を感じています。

今となっては、なぜもっと早く購読をやめなかったのか、とさえ思います。

知らなくてもいい、むしろ知らない方がいい情報に、知らぬ間に影響を受けていたのだと感じます。

 

事故、逮捕、暴行、殺人、ミサイル、戦争、収賄、疑惑、危機…

これらニュースの見出しに頻出するような文字って、

なにかモヤモヤするような重苦しい感じを発していますよね。

新聞を読んでいた頃は無意識でしたが、今や一瞬目にしただけでも何かを受けちゃいそうに感じられます^^;

 

こうした文字や、ちょっとした言葉使いからモヤモヤを感じてしまったり、

書き手や発信者の心理状態を感じとってしまうような敏感な人、

エンパス体質とか、

HSP (ハイリー・センシティブ・パーソン:生まれつき刺激に対して敏感で感受性が通常よりも発達している人)

といわれるようなタイプの人には、

特にメディア・クレンズや情報の断捨離をしてみることをおすすめします。

 

TVや新聞のような無差別に情報を発する媒体に接するのを控えたり、

情報の取捨選択を続けていくと、自分にとって本当に必要なもの、

プラスになるものだけを選択するようになるので、(嗅ぎ分けられるようになって来ます)

余計なものに惑わされなくなり、

本当にやるべきこと、やりたいことだけに集中できるようになります。

マイナスな影響を被る機会も減るので、気持ちも安定し、のびのびして来ます。

それとともに、

世の中や人生に対する視点や、ものの見方、人の見方も、明るくのびのびしたものに変わって来ます。

 

今正に実感しているところです。

 

心の平和を求めている方は、メディア・クレンズ、ぜひ一度、試してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください