人生というゲームを楽しむ余裕があるといい

こんにちは^^ 木村です。

 

クライアントさんたちとセッションをしたり、

起業家グループのコンサルティングに参加したりすると、

 

人それぞれに課題があり、

目標があり、

「どうクリアしよう?」

皆、真剣に試行錯誤しているのをひしひしと感じます。

 

目の前の課題がクリアできれば、それは嬉しい

でも一つクリアしても新しい課題は次々に出てくるわけで…

 

人生は、まさにRPG!ですね。

 

RPG、つまりロールプレイングゲーム とは、

一人ひとりが割り当てられたキャラクターを操作し、

お互いに協力しあって、

試練や難題を乗り越え、目的達成を目指すゲームのこと。

 

独自の個性を持った一人ひとりが

オリジナルの人生を生きる過程で、

人と出会い、交流し、互いに学び合い、

それぞれの課題や目的をクリアし成長すること。

それがリアル人生だとしたら、

 

私たちは皆、地球という星で、

つかの間のRPGを繰り広げているのでしょうね。

 

 

だから、

目的地に辿り着くまでのイメージが明確にあるのだとしても、

全く先が読めないでいるのだとしても、

どちらにせよ、

人生というゲームを楽しむ余裕があるといい、と思うんです。

 

それは、言い換えれば、

自分と自分の人生を信頼しながら生きる

ということ。

 

 

何が何でもこうしなければ!

想定通りに進めなくては!

というコントロールを緩め、

流れに委ねてみよう、という姿勢で、

 

課題をクリアしていく過程で起こる出来事の一コマ一コマを、

十分に噛み締めて、味わって、愉しんでみるんです。

 

 

過程の一瞬一瞬を味わうことなく

単なるプロセスとして切り捨ててしまうと、

日々の生活は色彩を失い、

ただ焦りや消耗を感じながら生きることになっちゃいます。

 

たとえ課題や目標をクリアしたとしても

目の前にはさらなる高い山がそびえ立っていて、

 

結局、達成感よりも、孤独感、

自分のちっぽけさ、無力さを思いしらされるだけ。

 

 

それよりも、

 

人生の課題や目的、使命といったものは、

そのプロセスで様々な学びを得るための「筋立て」の一部

 

と捉えた方が、

日々充実感を持って生きられるのではないでしょうか。

 

 

・今自分は苦しい迷いの中にあり、

迷路を抜け出そうともがいている。

 

・目標を目指して、歩き続けているけれど、

クリアしなければならない課題が山積みだ。

 

こんな迷いも課題も、

一人ひとりが魂を成長させるための一過程、人生の一コマ。

 

 

苦しみや課題を乗り越えようとする意思が、

行動を促して、

人との出会いや、出来事や、シチュエーションを引き寄せる。

 

思いも寄らない人たちとの出会い

予想もつかなかった出来事やシチュエーション

想定もできなかったやり取りや会話

 

この奇跡的な邂逅、巡り合わせの一コマ、一コマ、

一瞬、一瞬をじっくりと味わうんです。

 

 

それは、今に在る、ということでもあります。

 

 

一瞬一瞬の巡り合わせの奇跡を味わうことは、

この世界の万華鏡のような多彩さ、豊かさを受け取ること。

 

そして

それは大きな全体の一部としての自分を確認することでもあるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください