感情に振りまわされずに安心感を持って前に進む方法

こんにちは^^ 木村です。

 

最近、立て続けに新しい出来事や出会いに恵まれました。

シンクロニシティにワクワクする一方、

新しい情報やエネルギーがどっと流れ込んできて

エンパス体質ゆえに、その処理に追われる部分も(笑)

 

今やるべきことは?

優先順位は?

 

自分の軸を見失わないために、

常に心がけているのは、

「体に意識を向けること」です。

 

なんだかそわそわして落ち着かない、集中できない

そんな時は、

以下のようなボティチェックを試してみませんか?

 

********************

 

目を閉じて

まず呼吸の状態を観察するところから始めます。

座っていても、横になっても構いません。

 

ハート(胸)に意識を向けて、空気の出入りを感じます。

胸とお腹に手を当てて、

そのゆっくりとした自律的な運動を感じてみます。

 

どうでしょう?

呼吸はなめらかですか?

首や肩、背中に力が入っていませんか?

手をぎゅっと握りしめていたりはしませんか?

 

次に、ハートからお腹の方に意識を移して、

腹部の状態を感じます。

 

お腹が固く緊張していたりしませんか?

お腹でも呼吸が出来ているでしょうか?

 

途中でアタマに勝手に浮かんでくる考えの方に

意識が上っているのに気づいたら、

ハートやハラの方にすーっと意識を下ろすようにします。

 

そして、

今、この瞬間、体の中で渦巻いている感情のエネルギーを、

ありのままに感じてみましょう。

それは、

ワクワクだったり、ざわざわだったり、モヤモヤだったり…

 

体でありのままの感情をただ感じることは、

感情に呑み込まれずに、外側から観察することでもあります。

 

ああ、背中がぞわぞわする、不安なのかな

首の後ろが固いなあ、緊張しているのかな

 

たとえそれが不快であっても、

自律的な呼吸やお腹の動きに意識を向けながら、感じるままにしていると、

やがてその不快感も流れ去っていくのがわかります。

 

そして

次第に呼吸が静かになめらかになり、

散漫だったり緊張していたり乱れていたりした気持ちも、

だんだんと落ち着いてきます。

 

そうしたら

ハートに意識を向けて、

「つながり」や「あたたかさ」「生かされていることへの感謝

をイメージします。

 

最後に

お腹の方に意識を下ろし、

今、自分がすべきことへの意志を確認します。

 

********************

 

体と感情ってつながっていますから、

気持ちが乱れると、

下痢をしたり、

便秘になったり、

胃もたれや膨満感が続いたり、

頭痛がしたり、

熱を出したり、

いろんな症状となって現れてきます。

 

感情は、溜め込まないのが、心と体を健やかに保つ秘訣。

 

別に上の通りのエクササイズをしなくても、

日頃から体と感情がつながっていることを意識しておくこと、

 

そして

こまめに体に意識を向けて、

その時々の自分の気持ちを観察して、認めて、流す習慣を身につけていく。

その時に、日々自分のために働いてくれている体への感謝と愛情を添えると、

体にも心にもポジティブなエネルギーがみなぎってきます。

 

体に何らかの症状が出たら、

慌てて薬局や医者に駆け込む前に、

一呼吸おいて、

どんな出来事があって、どんな感情が動いたのか?

自分の気持ちを振り返る習慣をつけていく。

 

自分の感情に意識的になり、

溜め込まずにうまくコントロールできるようになると

体の自己治癒力も相乗的に高まっていくようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください