呼吸を意識して深い安心感を得る方法

こんにちは^^ 木村です。

 

誰にでも、

落ち込むことってありますよね。

実は私も最近ちょっと落ちていたんです。

 

そんな時、

あなたならどうしますか?

 

食べたいものを好きなだけ食べる

好きな音楽を聴いて気分を変える

家族にLINEする

外出する

おまじないを唱える

アロマを嗅ぐ

とりあえず寝る

いろいろな気分転換法があるかと思いますが、

手軽で安上がり、

その場で出来て、

確実な変化を得られる方法は、

「呼吸を意識すること」

でしょう。

 

アンドルー・ワイル博士は、

意志の力でネガティヴな気分を終わらせようとするよりは、

意志の力で呼吸を調整するほうがはるかにやさしい。

と述べています。

 

 

気持ちが落ちている時って、

体も固まっているもの。

そんな時の呼吸は、浅くてせわしない。

 

呼吸は、

心と体を調整している自律神経と関わっています。

 

呼吸を意識的に深く、ゆっくり、なめらかにしていくと

自律神経が「休息モード」に切り替わり、

心と体の緊張が解けていくんですね。

 

それでは一緒に呼吸に意識を向けてみましょう。

 

 

************

 

楽な姿勢で座り、目を閉じてください。

 

4つ数えながら鼻からゆっくりと息を吸い込み、

お腹が膨らむのを感じます。

 

吸い込んだら、そこで息を止めてください。

胸とお腹が緊張しているのを感じ取ります。

 

そうしたら出来るだけゆっくりと息を吐いて行きます。

 

これを5、6回繰り返してみます。

息を吐いていく時にどんな感じがしますか?

体から力が抜けていくような感覚がありますか?

 

呼吸を止めた時の体の緊張、

吐く時の体がゆるんでいく感じに注目してみましょう。

 

吐く時に、

呼気とともに“不要なもの”が体から出ていくのを

イメージしながら行ってみましょう。

目を閉じたまま、普通の呼吸に戻します。

しばらくその自律的な動きに注意を向けてみましょう。

 

そして、

自分の意思とは関係なく働き続ける、

体に宿る”命の力”を感じてみましょう。

 

あなたは、

意識しようとしまいと、

これまでずっとこの“命の力”によって生かされてきました。

 

あなたが意識的に呼吸を止めようとしても、

“命の力”がそれを許しません。

 

あなたの中の“命の力”は、

いつもあなたを生かそうと働いているのです。

 

あらゆる生命に宿り、宇宙を動かしているこの自然の力を信頼し

リラックスして身を任せてみましょう…

 

***********

 

いかがでしたか?

 

癒しは、外からもたらされるものではなく、

自分の内側にある力によってもたらされるものです。

 

自分が内側から得た洞察を信頼すること。

それは、

内なる自己治癒力を発揮させることでもあるのです。

 

呼吸に関するこちらの記事もどうぞ

https://floweroflifecoaching.com/feel-your-emotions-in-your-body/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください