体の不調が続くのならば「ご自愛ください」

こんにちは^^ 木村です。

 

今回は、心と体のつながりについてのお話です。

 

 

医者に駆け込むだけではダメ、生活パターンの見直しが大切

 

ヘルス・コンサルテーションをしていると

便秘、胃の不調、頭痛、肩こり、腰痛、花粉症…

みな体に何らかの不調を抱えていることがわかってきます。

 

体に何らかの不調が出た場合、

すぐに薬局に走ったり

医者に駆け込んで助けを求めたくなるものですが

薬を飲むにしても、医者にかかるにしても

 

まずは

体質に合わない食生活を繰り返していないか

今のライフスタイルは自分の体にふさわしいものなのか

よくよく見直す必要があるんですね。

 

例えば、

・ 朝食は、トーストにコーヒーが定番

・ 昔からおやつにはオロ◯ミンCを飲んでいたし、

仕事で疲れたら、エナジードリンク

・ 旦那の晩酌には付き合わないと悪いよね

・ 帰宅が遅いから夕飯は9時以降、朝食は食べないのが普通

などなど

 

見直してみると、

本来自分の体にとってふさわしくないのに、

無意識のままに繰り返されている生活パターンに気づくはずです。

 

 

それでも改善しないのは、心に負荷がかかっているから

 

ですが、

 

食生活を変えたり生活習慣を見直したのに今一つすっきりしない

変えてよくなったと思っても、またぶり返してしまう

 

そんな場合は、

心の状態に意識を向けた方がいいのかもしれません。

 

体は心の状態を映し出します。

 

例えば、

便秘のような体が詰まってしまう状態は、

心の詰まり、要するに、強固な思い込みが、

体に投影されたもの

とも言えるのです。

 

強い心の葛藤が、

自律神経のバランスの乱れ ⇄ ホルモンバランスの乱れ

を引き起こし

それが胃腸の働きに影響して、便秘を引き起こしている

と言えば、より説得力が出るでしょうか。

 

自律神経は

体を常に最適な状態に保とうとする力であり、

体に備わる自律した自然の力です。

 

そして、

自律神経の働きは、

私たちの心の状態に大きな影響を受けるのです。

 

だから、

体が最適な状態ではない場合、

そこには心による何らかの負荷がかかっている

ということなんですね。

 

 

自分を苛む無意識のパターンに気づくこと

 

便秘、胃の不調、頭痛、肩こり、腰痛、めまいや動悸…

検査を受けても異常なし

なのに、

なかなか症状が改善しない

 

そんな場合は、

体ではなく、心の方に注意を向けてみる。

 

例えば

 

いつも気を張って、無理をしながら生活していませんか?

自分にダメ出しをしながら毎日を過ごしていませんか?

常に先のことを心配しながら頑張っていませんか?

 

「わたしがやらなければ、家事も育児も回らない」

「自分にはこのくらいのことしか出来ないから」

「自分はできないから人よりも頑張らないと」

 

もし毎日こんな心持ちで過ごしているのなら、

自分で自分を苛むような思い込みとともに生きているわけで…

 

体の働きを本来のスムーズな状態に戻すためには、

 体のためにならない生活パターンを変えるだけでなく

自分で自分を苛んでいる思い込みや不安に気づき

心の持ち方を変えていくこと

が必要になってくるのです。

 

 

「自愛」を実践する

 

「ご自愛ください」という言葉がありますよね。

 

相手の体調を気づかう表現ですが、

真理をついた言葉だと思います。

 

いつも自分を後回しにし

自分にダメ出しをし

今の自分を認められない

自分の価値を信じられない

 

こうしていつもいつも

自分で自分の心にストレスをかけていれば

自律神経は乱れ、ホルモンバランスも崩れ

当然体のあちこちに症状が出てくるわけで…

 

だから

全てはまず自分を愛すること、

「自愛」から始まるわけなのです。

 

▪いつも人を優先させて自分のことを後回しにしているのなら、

まず、「ご自愛ください」

優しく気遣いのできる自分を褒めてあげて、

これからは

自分に楽しみや喜びをもたらす選択を優先するよう心掛けましょう。

 

▪自分に自信が持てずにいるのなら、

「ご自愛ください」

欠点のない完璧な人なんていない

だから

自信のない、劣等感を持っている、ありのままの自分を受け入れて

それにもかかわらず頑張ってきた自分

日々頑張っている自分を認めてあげましょう。

 

▪常に不安に駆り立てられて頑張っているならば、

「ご自愛ください」

いくら不安を取り除こうと頑張ったところで

人生に不安はつきもの。

だったら不安は脇に置いておいて、

今の自分を評価し、今を味わいながら生きましょう。

 

 

心が「自愛」を実践できるようになると、

心の重荷が取れて、

軽くなるだけでなく

体の方も自然に整ってきます。

 

 

健康で幸せに生きるって

本来とてもシンプルなことなんですね。

 

自分で自分を愛すればいいわけですから。

 

あなたもぜひ「自愛」を心がけて

その効果を実感してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください